校本万葉集 広瀬本万葉集 別冊 2

広瀬本万葉集 校本万葉集

Add: isyfyvu58 - Date: 2020-11-20 03:51:47 - Views: 2217 - Clicks: 3747

本書使用上の注意事項 5. 万葉集諸本解説 附、万葉集を引用せる書籍古写本の解説 7. ; 23cm 著者名: 廣瀬捨三ほか編 書誌ID: DTISBN:. 18巻,別冊1-3は第1刷 奥付に全18冊・別冊3とあり 初版:年刊.

巻20に文永三年の仙覚奥書、寂印と成俊の奥書 国会図書館、石川武美記念図書館、天理図書館、東洋文庫、宮内庁書陵部、東京大学図書館、大谷大学図書館、龍谷大学図書館などに所蔵されている。. See full list on weblio. 万葉集 : 西本願寺本 フォーマット: 図書 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 主婦の友社, 1984. 4 /9111/3513/2 【資料3】 校本万葉集 別冊1 / 広瀬捨三∥ほか編 / 岩波書店, 1994. 和装、帙入り、25冊。 1931-32年版(増補、普及版) 1. 洋装、17冊。 1994-95年版(新増補追補) 1. 平安時代中期ないし後期の書写で、藤原伊房の筆とされるが藤原公任説などもある。薄藍色の漉紙に銀砂子を散らした料紙に書かれていることからその名がある。巻9の5分の4ほどの110首と111首分の目録からなる1巻が現存する。そのほかに 1.

万葉集略解 加藤千陰 国民文庫刊行会 明44. (校異本文) 4. 校本万葉集の刊行に就きて 1.

(2) 拙稿「万葉集抄の本文について」奈良工業高等専門学校研究紀要第 四十四号、二〇〇九年三月。 (3)古写本の確認として、以下の本を参照した。 「藍紙本万葉集」日本名筆選 18 一九九四年二月、二玄社。 「元暦校本万葉集」第一~四冊. 冊子本: 次点本: : 天治本: 平安後期: 巻13全部・巻15の一部 巻2・10・14・15の断簡: 巻子本: 次点本: : 尼崎本: 平安末期か 鎌倉初期: 巻16のほぼ全部 巻12の断簡: 冊子本: 次点本 嘉暦伝承本: 鎌倉初期: 巻11の大部分: 冊子本: 次点本 伝壬生隆祐筆本: 鎌倉中期: 巻9の. 新増補版に採択せる初注釈書諸説の概要 4. 1184年(元暦元年)に校合したとの奥書がある。平安時代中期ないし後期の数筆の寄合書きである。うち、巻17、18は同筆であり、巻6は鎌倉時代初期の補写と考えられている。巻3、5、8、11、15、16を除く14巻、計2,617首と2,129首分の目録が現存する。そのほかに断簡(難波切ないし有栖川切ともいう)は巻3、5、8、9、13、15、16を除く13巻148首と目録201首分が残っている。すなわち15巻にわたる、全歌数の6割以上が現存している次点本では貴重な写本である。藍と紫の飛雲形文を漉込んだ鳥の子紙の(補写である巻6は飛雲形を欠く)粘葉装である。黒、緑、赤、朱の書き入れがあり、万葉集の本文校訂上最重要である。 減じて江戸時代初期には15冊に、さらに14冊になった。巻1、4、6、10、12、19の6冊の各一部を分けて有栖川宮家から高松宮家に移り、残る大部分は伊勢富山家、神戸俵屋から、天保初期に桑名松平家、1843年(天保14年)に水野忠邦、1911年(明治44年)に古河家に移ったあと、ともに文化財保護委員会の所蔵となった。高松宮家旧蔵の6冊、古河家旧蔵の14冊とも、現在は東京国. 万葉集諸本解説増補 3.

校本万葉集: 統一書名標記形: 万葉集 主題: 万葉集: 分類・件名: ndc8 : 911. 校本万葉集: 統一書名標記形: 万葉集 注記: 修訂:佐竹昭広ほか 版表示は1巻による. (校異本文) 6. 『万葉集』の原本に一番近い書籍ということですが,そうなりますと『校本万葉集』というのがあります。 これは,大正年間に佐佐木信綱・橋本進吉・千田憲・武田祐吉・久松潜一ら当時の一線級の学者が,現存する写本を比較・校訂(校勘)して原本の確定を行ったものです。. 校本万葉集: Subject: 万葉集: Notes: 修訂: 佐竹昭広ほか 別冊の編者: 廣瀬捨三ほか 版表示は1巻による. 万葉集諸本並びに断簡類の解説 4. 12 ndlc : kg33 ndlc : kg34 ndlsh : 万葉集: 注記: 修訂:佐竹昭広ほか 版表示は1巻による. 震災に於ける万葉集の損失につきて(佐佐木信綱) 2.

12 万葉集講義 山田孝雄 宝文館 昭12. 18巻, 別冊1-3は第1刷. この全集本の万葉集でも、新旧二本の間に完訳(完訳日本の古典)本を挟んで、転々と変化している。 本文が同じままでも、解釈の仕方が違うことがあり、また読み方が改められることが多い。 活字無訓本を文永十年本系の寂印成俊本(現存しない)で校合して訓をつけたもの。木版で袋綴じ、全巻10冊である。江戸時代初期の慶長(1596年 - 1615年)か元和(1615年 - 1624年)ごろの刊行と考えられている。なお、以下の奥書が付されている。 1. 3 万葉集新考 井上通泰 国民図書(株) 昭 4.

校異を出さざる異体字並に通用字の表 6. 巻1に文永十年および三年の仙覚奥書 2. 本書編纂事業の由来及経過 2. 廣瀬本万葉集 岩波書店刊『校本萬葉集』より 通称「廣瀬本万葉集」と名付けられたこの写本の巻末には「天明元年十二月 春日昌預」の文字が記され、すなわち江戸時代中期の書写と判ります。万葉の写本としては極めて新しいものに過ぎません。. 本書の体裁 4. 校本万葉集: 主題: 万葉集: 分類・件名: ndc8 : 911. まず1911年(明治45年)、佐佐木信綱・橋本進吉・千田憲の3名が文部省文芸委員会から嘱託を受け、万葉集の定本を作成する事業が開始された。1916年(大正5年)1月からは東京帝国大学国語研究室の事業となり、佐佐木・橋本が嘱託を受け、同年3月から武田祐吉も嘱託を受けた。以降は武田が中心となる。 定本を作成する準備として、1918年(大正7年)10月には20種の古写本・古刊本を対校し終えた。ここで次に定本を作成する前にまず校本の形で公刊することになった。更に『仙覚抄』など古来の学説を収録することになり、久松潜一が新たに嘱託を受けた。 1919年(大正8年)、財団法人啓明会の出資によって校本の出版が決まった。しかし特殊な体裁や文字のため、活字整版のめどがつかず、手書きの原版となった。こうして1923年(大正12年)5月には校本20巻、4882頁の印刷が完成した。このほかに首巻と諸本輯影を加えて洋装6冊本として10月にも出版される予定であった。ところが同年9月1日の関東大震災で東京は大火災に見舞われた。製本所に積まれていた印刷済み500部が全て消失したほか、東京帝国大学国語研究室にあった校合底本、印刷用原稿、その清書原稿、各種索引、年譜、写真、万葉集の写本・注釈書・参考書等も消失してしまった。僅かに校正刷が佐佐木・武田のもとに1部ずつ火災を免れて残ったため、この事業が無駄にならなくて済んだのであった。 傷心の佐佐木のもとに訪れた同郷人の激励を契機として再び刊行の計画が立てられ、土佐の和紙による和装として附巻や訂正増補を加えて全25冊、5帙として1924年(大正13年)から刊行の運びとなった。. 18巻, 別冊1-3は第1刷 奥付に全18冊・別冊3とあり 初版:年刊.

万葉集を引用せる書籍及び抄出本 新増補 「新増補」には以下の内容がある。 1. 万葉集という私的な歌集が、長きに渡り読み継がれてきたのは、何故だろう。 日本語という表記文字の未発達な時代にあって、当時のアジア圏. 万葉集諸本系統の研究 8. 18巻,別冊1-3は第1刷 奥付に全18冊・別冊3とあり. 校本万葉集の再興につきて(佐佐木信綱) 3. 同(芳賀矢一) 1. 校本万葉集は後に増補、新増補がなされたので、その使用にあたってはまずそれぞれの成り立ちを知っておく必要がある。 最初の校本は完成寸前の大正十一年に東京を襲った大震災で印刷済みの本文がことごとく消失し、僅かに残った校正刷りをもとに大正.

校本万葉集の刊行に際して(上田萬年) 1. 校本万葉集 広瀬本万葉集 別冊 2 11 第4刷新増補版別冊1 別冊2 別冊3. 附載 万葉集を引用せる書籍の古写本 5. 大正十三年重刊に就きて 2. 6 形態: 20冊 ; 32cm 書誌id: bnisbn:セット). 校本万葉集の刊行に就きて 校本万葉集の刊行に際して(上田萬年) 同(芳賀矢一) 同(財団法人啓明会理事長 平山成信) 校本万葉集印行の始末(佐佐木信綱) 大正十三年重刊に就きて 校本万葉集の公刊をことほぎて(新村出) 震災に於ける万葉集の. 校本万葉集増補編纂の方針及び体裁 2.

万葉集 元暦校本 巻第1・2・7全3冊、 ¥ 44,000 温故学会 、日本文化資料センター 、昭和56年 、3. 広かった万葉集の諸伝本の系統に関する研究は、平成五年の広瀬本万 二 本稿筆者は、万葉集の伝本としての広瀬本の性格を討究してきた が、そのおおむねは次のようなものである。 万葉集の現存伝本は、大きく二つに分けることができる。仙覚の. 校本万葉集 別冊3 広瀬本万葉集 3/広瀬 捨三(小説・文学)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。3000円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。. 新増補版の内容と使用上の注意要項 3. 索引(首巻諸本輯影及附巻) 増補 「増補」には以下の内容がある。 1.

1 万葉集全釈 鴻巣盛広 大倉広文堂 昭10. 適切な位置に脚注を追加して、記事の信頼性向上にご協力ください。(年4月)校本萬葉集(こうほんまんようしゅう)は、20世紀に編纂された万葉集の校本である。正編、増補、新増補、新増補追補から成っている。目次1 概要2 歴史3 内容. 万葉集註釈書の研究 9. 広瀬本万葉集 フォーマット: 図書 責任表示: 広瀬捨三〔ほか〕編 出版情報: 東京 : 岩波書店, 1994 形態: 6,668p ; 23cm 著者名: 広瀬,捨三 シリーズ名: 校本万葉集 ; 別冊1 書誌ID: TW10087433. 15巻本万葉集. ところが、広瀬本万葉集は巻第一だけでなく、二十巻完備の全本である。 前回の第一冊でも述べたが、非 仙覚 ( せんがく ) 本は、西本願寺本で代表される仙覚本に比べて校勘資料としての価値が高いが、残念なことに、これまで全本がなかった。. 1 万葉集新校本の底本とする西本願寺本の翻刻にさらに修正を加えた。他本との校合によってもさら訂正が加わることを期せねばならない。2 西本願寺本に同系で最も近い国立歴史民族博物館の図中本につkじ、仙覚の朱青訓中心の外に異同を検し、独自の書入れもあり、西本願寺本との校異表を. 『万葉集』の訓読た (1) 。 しかし、仙覚以降、契沖に至るまでに『万葉集』がどのように継 契沖以前の『万葉集』伝本の一様相を示すものである。本報告において主として取り上げる禁裏御本は、ちょうど仙覚以降、てから契沖に至るまでの『万葉集.

12 ndlc : kg33 ndlc : kg34 ndlsh : 万葉集: 注記: 修訂: 佐竹昭広ほか 別冊の編者: 廣瀬捨三ほか 版表示は1巻による. 以下の4つのバージョンがある。新たに発見されたもの等を対校に加えて増補を繰り返しているが、校異原稿を根本的に作り直すことは最低限にとどめ、部分的な修訂と増補を付加する形で拡張している。そのため、正編・増補・新増補の3箇所を常に相互参照しなければならない。更に新増補に「補遺」があり、後に広瀬本が発見されたことにより、「新増補追補」も加えられた。 1924-25年版 1. 校本萬葉集 新増補版 18/別冊1-3 4冊 ¥ 22,000 - 、岩波書店 、平6 、4冊. 洋装、10冊。 1979-82年版(新増補) 1. 2-10, 17巻の版表示は第3刷新増補版.

校本萬葉集 別冊三/ 廣瀬本萬葉集 三 フォーマット: 図書 責任表示: 廣瀬捨三ほか編 言語: 日本語 出版情報: 岩波書店 形態: 778p. 持統天皇(在位:漢字の伝来. 第4刷新増補版 フォーマット: 図書 責任表示: 佐佐木信綱 ほか 編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 岩波書店, 1994. 洋装、18冊、別巻3冊。別巻は影印。 以下に各版の対照表を掲げる。但し巻序は対照の都合上、実際のものとは異なる。 首巻 「首巻」には以下の内容がある。 1. Amazonで廣瀬 捨三の校本萬葉集 新増補版〈別冊3〉廣瀬本萬葉集三。アマゾンならポイント還元本が多数。廣瀬 捨三作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 同(財団法人啓明会理事長 平山成信) 1. 巻18の27首 の断簡が残る。次節に述べる元暦校本と同系統である。会津松平、原、中村家を経て、現在は京都国立博物館が所蔵している。断簡は日本学士院、石川武美記念図書館、京都国立博物館、逸翁美術館、五島美術館、徳川美術館、書芸文化院などが所蔵している。.

新増補版編纂の由来及び経過 2. 新増補版 / 岩波書店, 1994. 校本万葉集の公刊をことほぎて(新村出) 2. 2 万葉集古義 鹿持雅澄 精文館 昭12.

本書編纂の方針 3. 補遺 新増補追補 「新増補追補」には以下の内容がある。 1. 佐佐木信綱・橋本進吉・武田祐吉らが1911年(明治45年)より、万葉集の定本を作るために校本を作成したものである。底本には寛永版本(寛永20年(1643年))を用いた。最初に刊行された年版(本項目では仮に「正編」と呼ぶ)は、寛永版本の本文を数行ごとに切り離したものをもとに、諸本の校異と諸学説の書き入れを手書き文字で付した形で刊行された。1931年以降に増補された部分については活字で組んだ体裁で刊行された。 古写本には巻や歌の一部が欠けたり、『類聚古集』『古葉略類聚抄』のようにそもそも抜粋再編されたものもあるため、歌や詞書ごとにどの対校本が当該本文を有するかを上部欄外に略号で示している。書き入れについても原則として全て掲載することにし、元になった本が明らかに判明しているもののみ省略している。また書き入れが本文と同筆か別筆かについても注記されている。 万葉集の本文は漢字であるが平安時代から既に仮名で訓の付された本が作られており、本書では漢字本文・訓のそれぞれに対して校異が掲げられている。また後世の学説で訓について触れたものについても引用されている。. 巻1の後半部分+巻2増補. 『万葉集』の最古の写本は桂 本万葉集であり、伝紀貫之筆とされる平安中期の写本である。江戸時代の出版技術の発展によって版本 が出版されるまでは、『万葉集』の本文は写本によって書き伝えられてきたのは周知のことである(4)。. 【資料2】 校本万葉集 2 / 佐々木信綱∥ほか編. 万葉集研究史 附巻 「附巻」には以下の内容がある。 1. 校本萬葉集 別冊二/ 廣瀬本萬葉集 二 フォーマット: 図書 責任表示: 廣瀬捨三ほか編 言語: 日本語 出版情報: 岩波書店 形態: 4, 688p ; 23cm 著者名: 廣瀬捨三ほか編 書誌ID: DTISBN:.

万葉集の古写本及古筆切の研究(佐佐木信綱) 3. 校本萬葉集 佐佐木信綱 ほか 編 岩波書店, 1994. 校本万葉集(別冊 2) - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなの.

2巻本万葉集 持統天皇を「太上天皇」、文武天皇を「大行天皇」と表記。元明天皇の在位期を現在としている。元明天皇や太安万侶が関与したことが推測されている。 巻3 - 巻15+巻16の一部増補. 校本万葉集印行の始末(佐佐木信綱) 2. 校本万葉集 別冊1 広瀬本万葉集 1/広瀬 捨三(小説・文学)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。3000円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。.

校本万葉集 広瀬本万葉集 別冊 2

email: mobose@gmail.com - phone:(167) 332-4684 x 8144

和紙の里 探訪記 - 菊地正浩 - イソップどうわ

-> 岡田啓介 - 山田邦紀
-> 季刊 姓氏と家紋 第41号 - 日本家系図学会

校本万葉集 広瀬本万葉集 別冊 2 - 岡本孝司 ゴールド ラッシュ物語


Sitemap 1

なぜあなたは走るのか激痛に涙あふれてもなお - 坂本雄次 - カレンダー